キャビテーションとラジオ波はどちらの痩せる効果が高い?

Yahoo知恵袋などでもよく質問にあがる「キャビテーションとラジオ波はどちらが痩せるのか」という質問。

結論を先にお伝えしてしまえば、どちらかを選ぶならキャビテーションがおすすめ。

 

ただし、両者は身体への作用がまったく異なるので本来は比較するのがおかしいんです。

この記事では、キャビテーションとラジオ波の違いを紹介しつつ、キャビテーションが痩せる理由をお伝えしていきます。

脂肪を落とすならキャビテーションがおすすめな3つの理由

ラジオ波よりキャビテーションが、ダイエットにおすすめは理由は3つあります。

  1. リバウンドしない
  2. 目に見えて効果がでる
  3. セルライトも解消できる

キャビテーションはリバウンドしない

キャビテーションは脂肪細胞を破壊し、脂肪の数自体を減らしてしまうので、リバウンドしません。

ラジオ波は代謝をあげて脂肪を燃焼させますが、脂肪の数自体は変わらないためリバウンドする可能性があります。

 

キャビテーションは効果が目に見えやすい

キャビテーションは1回の施術でも、効果が目に見えやすいという特徴があります。

施術前後で、「履いてきたパンツがゆるくなった」という嬉しい悲鳴を聞く機会が多いのがキャビテーションです。

 

凸凹肌にさよなら!セルライト解消効果も

老廃物と脂肪がくっつき、なかなか落ちないセルライト。

キャビテーションならセルライトが解消できるだけでなく、新しくできにくくするというダブルで嬉しい効果が。

施術により脂肪細胞が破壊されることで、セルライトも徐々に解消していきます。

新しくセルライトができようにも、脂肪細胞の数自体が施術により減っているので、セルライトが新しくできるのを予防できます。

 

キャビテーション+ラジオ波で驚きの効果も

ラジオ波が意味がないかというとそうではありません。

脂肪は温度が低いと冷蔵庫にはいっているバターのように硬く、流れにくい状態になっています。

キャビテーションの施術前に、ラジオ波でしっかりと身体を温めることで、脂肪が溶けたバターのようにトロっとした状態になり、排出しやすくなります。

 

多くのエステサロンで、キャビテーションとラジオ波がセットになっているのにはちゃんと理由があったんですね。

まとめ

キャビテーションかラジオ波どちらかを選ばないとだめなのであれば、脂肪そのものを減らせるキャビテーションがおすすめです。

ただ、冷え性な方や代謝が悪い方の場合、キャビテーションだけではスムーズに痩せない場合があります。

そのような場合には、ラジオ波で代謝をあげてからキャビテーションを行うなど、代謝をあげる施術が含まれているようなコースを選ぶとよいでしょう。