妊娠線や肉割れが解消にキャビテーションがおすすめな理由

赤ちゃんの成長に伴いできてしまう妊娠線。

成長の喜びとは反対に、妊娠線で悩んでいるママは約7割の方が困っているという結果に。

妊娠中は断裂したコラーゲン遷移の間に脂肪が絡み、セルライトができやすい状態になっています。

そのため、今まではセルライトに困ったことがなかった人も妊娠を機会にセルライトに悩んでいるという方も多いです。

 

この記事では、妊娠線や肉割れ解消にキャビテーションがおすすめな理由を紹介します。

 

妊娠線や肉割れにキャビテーションがオススメな理由

キャビテーションは妊娠線や肉割れ解消に効果が期待できます。

妊娠線のできる原因は赤ちゃんの成長に真皮が追いつかず、コラーゲン繊維が断裂することや、コラーゲン繊維の産生に影響がでるからです。

妊娠中はホルモンバランスも大きく変化するので、普段よりターンオーバーが抑制され、コラーゲンの産生も抑制されるため、真皮層や皮下組織の断裂が起きやすい状態に。

つまり妊娠線や誰にでも起きうる可能性があるということです。

 

キャビテーションは脂肪やセルライトを解消し、血行を良くする働きもあります。

血行が良くなることで代謝もよくなり、ターンオーバーやコラーゲンの産生もよくなるので次第に妊娠線や肉割れが解消していくことが期待できます。

キャビテーションはセルライト解消や、部分痩せにも効果があるので体型を妊娠前に戻したいというママにも人気があります。

キャビテーションの開始は卒乳にタイミングをあわせよう

妊娠線が気になるからと、いつでもキャビテーションが受けられるわけではありません。

妊娠中はサロンでも赤ちゃんへの影響を気にして、施術NGのサロンが多いです。

またホルモンバランスの変化し、赤ちゃんのために身体も栄養を溜め込もうとしているので普段より痩せづらい体質になっています。

なので仮にキャビテーションを受けたとしても効果は普段より低いといえます。

同じお金を払うのであれば、バッチリ効果がでるタイミングでお得に痩せるのがオススメです。

 

妊娠中は大切な赤ちゃんをしっかりと成長させることに集中し、卒乳のタイミングにあわせて開始するとよいでしょう。

まとめ

出産を経験したとしても、いつまでも綺麗なママでいたいと思うのは女性としては当然だといえます。

キャビテーションであれば、妊娠でついてしまった脂肪やセルライトも同時にケアができるのでまずはお試し体験エステからはじめて効果があるかどうかを感じてみるとよいでしょう。