帝王切開してもキャビテーションは施術可能?いつから通える?

出産後、崩れた自分の体型を一刻も早く元に戻したいと思うものです。

出産でボロボロになった体、いつからダイエットをしたりエステに通うことが出来るのか気になりますよね。

ましてや帝王切開での出産ともなると、傷によくないのでは…などの心配もあります。

そこで今回は、帝王切開で出産した場合でもキャビテーションなどのエステの施術は可能なのか、いつから受けられるのかを見ていきましょう。

帝王切開後のダイエット開始時期

出来るだけ早くダイエットを開始したいと思うかもしませんが、産後のダイエットは注意が必要!

普通分娩の場合は、まず産後1か月くらいは安静に過ごし、だいたい1か月を過ぎたあたりから、体調を見ながら徐々にダイエットを始める人が多いようです。

帝王切開の人はさらに回復に時間がかかるので、産後2か月は安静にして、その後少しずつ開始するのが良いようです。

この期間は無理な運動なども避け、できるだけ体に負担がかからないように、回復することを1番に考えましょう。

赤ちゃんとの慣れない生活に疲労もたまります。無理は禁物。簡単にできる産褥体操くらいにして、スムーズにダイエットが始められる準備をしておきましょう。

骨盤ベルトなどは傷口に影響がないようなら使用ができますが、心配な場合はしっかり医師に相談した方が良いです。

また、食事制限を行うなどのダイエットは、授乳への影響も出てしますので、避けるようにしましょう。

帝王切開してもキャビテーションなどのエステは受けられるの?

結論から言いますと、受けることは可能です!

しかし帝王切開の場合、傷の治りには個人差があり、また受ける部位によっても異なるので一概にはいつから可能かということは言えません。

基本的に、エステなどに通うのは出産後3か月を過ぎたあたりからと医師から指導を受けることが多いようです。

見た目は治っても、内側の傷は治っていないということもありますので、自己判断ではなく、1か月検診の際などに医師に相談して受ける時期などを考えましょう。

産後まもないと、やはり体には負担がかかりますので、サロンからもストップがかかる場合もあります。

カウンセリングの際に必ず帝王切開での出産であることを伝えましょう。

まずは回復に努めること!

テレビや雑誌に出ているママたちはどうして産後まもないのにあんなにスリムできれいなんだろう…などとついつい焦ってしまう気持ちもあるかもしれませんが、一番に考えるのは赤ちゃんとママの健康!

焦らず、しっかりと回復した後にダイエットに取り組みましょう。